A.B.C-Z河合郁人:「君なんでもありなんだね」木村拓哉から届いたLINEに大焦り 弁明にかっこいい返信も

8月11日放送の「水野真紀の魔法のレストラン」に出演する河合郁人さん(左)と菅広文さん=MBS提供
1 / 1
8月11日放送の「水野真紀の魔法のレストラン」に出演する河合郁人さん(左)と菅広文さん=MBS提供

 人気グループ「A.B.C-Z」の河合郁人さんが、8月11日放送の料理バラエティー番組「水野真紀の魔法のレストラン」(MBS、水曜午後7時)に出演。“ジャニーズモノマネ”でブレーク中の河合さんだが、あこがれの先輩である木村拓哉さんから届いたLINEのエピソードを明かす。

 今回の番組では、自衛隊全面協力のもと、隊員たちの元気を支える“食”を特集。航空自衛隊小牧基地内のファミリーマートで販売されている「パンの缶詰」の試食がスタジオで行われると、河合さんは突然「気づきました?」と声を上げ、「ずっと僕、このパン、木村拓哉さんのハンバーガーの持ち方で持ってたんです」と、CMで話題になった独特な持ち方ネタを披露し、スタジオは大爆笑。

 テレビでモノマネをすると、たまに木村さんからLINEが来ることがあるという。過去に、東山紀之さんから「痔(じ)になった木村拓哉やって!」とむちゃぶりされて挑んだが、おそらく放送を途中から見た木村さんから「君なんでもありなんだね」とLINEが届いたという。この時、河合さんは「いつも郁人って呼んでくれるのに『君』って……。これはヤバい!」と焦り、東山さんのむちゃぶりだったことを説明すると、「ふられてやるのが、俺たちの仕事だからな」と、かっこいい返信があったと明かす。

 さらに河合さんが、東山さんや堂本剛さんらのモノマネも披露し、「テレビでやらなくなったら、怒られたんだなと察してください」と語る一幕もあるという。

テレビ 最新記事