ボイス2:第5話 ついに“白塗り野郎”の正体明らかに! “樋口”唐沢寿明、井戸の底で窮地

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第5話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 7
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第5話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第5話が8月14日に放送される。最凶最悪の真犯人“白塗り野郎”は誰なのか、いよいよ明らかになる。

 白塗りの男に拉致された樋口(唐沢さん)が目を覚ましたのは、枯れ井戸の底。そこには人骨4体が転がっていた。無線で助けを呼ぶが、妨害電波のせいで正確な位置が特定できず、ひかり(真木よう子さん)たちは捜索を急ぐ。

 そんな中、井戸に設置されたスピーカーから「お前、人を殺したことがあるだろ?」という声が。更に街中で爆発が発生との110番通報が立て続けに入る。

 犯人は、樋口が罪を告白しないと更なる犠牲者が出ると脅し、井戸の中の様子がネットでライブ配信されていることが判明。樋口が“ハマの狂犬”と呼ばれるようになった過去の事件について、ネット配信の閲覧者数が1万人を超えてから公開処刑を始めると犯人は告げる。井戸の酸素が残り少なくなる中、樋口は脱出することができるのか……。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事