180秒で君の耳を幸せにできるか?:三上枝織、三森すずこがASMRにハマる女子高生に 和氣あず未、伊藤かな恵、芹澤優、古賀葵、速見奨も

「180秒で君の耳を幸せにできるか?」に登場するキャラクターと声優陣(C)君耳製作委員会
1 / 6
「180秒で君の耳を幸せにできるか?」に登場するキャラクターと声優陣(C)君耳製作委員会

 耳に心地よい効果音「ASMR」をテーマにしたオリジナルテレビアニメ「180秒で君の耳を幸せにできるか?」に声優として三上枝織さん、三森すずこさんが出演することが8月23日、分かった。三上さんは主人公の幼なじみの女子高生・澤家月光、三森さんは月光のクラスメートの鏡秋水をそれぞれ演じる。和氣あず未さんが月光の姉の澤家陽光、伊藤かな恵さんが月光、陽光の母の澤家雨読、芹澤優さんが主人公の妹のナナコ、古賀葵さんがナナコと双子のカナコ、速水奨さんが秋水の父の二郎をそれぞれ演じることも発表された。

 三上さんは「月光ちゃんがASMRにハマっていく姿に共感が持てて、ASMR初心者の方でも入りやすい作品となっています。ほかにも、個性豊かなキャラクターたちが心地よい音をたくさんお届けしていくので、皆さん楽しみにしていてくださいね。ASMRとアニメの組み合わせは業界初ということで、どのようにオンエアされるのか、私自身とてもワクワクしています!」とコメントを寄せている。

 三森さんは「私が演じる秋水は、人見知りで友達がいなくて根暗なタイプの女の子ですが、ASMRを通じて月光ちゃんと仲を深めようと努力していくところがけなげな可愛らしいキャラクターです。私自身もASMRは初心者なので、秋水と共にいろいろ学んでいけたらと思っています」と話している。

 ASMRボイスドラマ「月光『ゲッコーちゃんの耳かきすぺしゃる』」「秋水『アキミズちゃんのはじめての耳かき♪』」「陽光『ヨーコーちゃんのひんやりASMRと耳かき♪』」「雨読『禁断の赤ちゃん甘やかし耳かきフルコース♪』」が、9月9日から4週連続でウェブサイト「DLsite」で配信されることも分かった。

 「180秒で君の耳を幸せにできるか?」は、ASMRの魅力を約180秒で伝える“耳で楽しむ”ショートアニメ。主人公がASMRにハマっていると聞いた、幼なじみの月光が、ダミーヘッドマイクを購入してASMRの研究を始める。「魔王様、リトライ!」などの演出を担当した葛西良信さんが監督を務め、「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」などの野口孝行さんがキャラクターデザインを担当する。「魔王様、リトライ!」などのエカチエピルカと、INDIVISIONが制作する。10月に放送。

 ◇和氣あず未さんのコメント

 陽光ちゃんは自由気ままなのんびりお姉さんなので、そのペースにまったり癒やされたり、時には耳元でちょっとイタズラしたり、ドキドキと安らぎを同時にくれます。皆様のお耳を幸せにできるよう、精いっぱい陽光お姉ちゃんを演じます!

 ◇伊藤かな恵さんのコメント

 まず最初に台本を読ませていただいた時の雨読さんの印象はお母さんなのですが、とてもチャーミングな性格で、しかも私より背が小さい!!! ちょっとだけなんですけど。身長も雨読さんにキャスティングされた要素の一つなのでしょうか??(笑い)。聴いていただく皆さんに、こんなお母さんが近くにいたら最高だぜ! と思ってもらえるようにおちゃめさと甘やかし全開で演じます!

 ◇芹澤優さんのコメント

 ナナコちゃんはとにかくお兄ちゃんLOVE!! ドキドキしちゃうようなことも、お兄ちゃんのためならできちゃう子です。ASMRは非現実感とリアリティーどちらも重要だと思うので、聞いてくれた人の日常にナナコちゃんが突然現れたような気持ちになってもらえるように頑張りたいと思います!

 ◇古賀葵さんのコメント

 カナコ役を担当させていただきます、古賀葵です。カナコちゃんは芹澤さん演じるナナコちゃんと双子という関係なので、キャラクターとして差はつけつつも“双子らしさ”もたっぷり楽しんでいただけるよう、楽しく演じようと思います。話し方にも所々特徴がある子たちなので、ぜひ、よく聴いてみてください……!

 ◇速水奨さんのコメント

 鏡二郎って、ワイルドで少し退廃的な感じなのかなあ。今まで演じてきたキャラたちとは異なるように思います。ダミーヘッドマイクを使うことで、どこまで立体的にせりふをお届けできるのか、逆に皆さんにどう受け止めていただけるのか、ちょっと気になりますが、本番でいいパフォーマンスができる気満々ですので、ぜひ、ご期待ください。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る