鬼滅の刃:USJコラボにリアルな冨岡義勇、胡蝶しのぶクロノイド 煉獄さんの牛鍋も

「鬼滅の刃」とユニバーサル・スタジオ・ジャパンのコラボで展示される冨岡義勇のクロノイド(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
1 / 21
「鬼滅の刃」とユニバーサル・スタジオ・ジャパンのコラボで展示される冨岡義勇のクロノイド(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)のコラボで、“柱”たちに会えるレストラン「藤の花の食事処」が、ニューヨーク・エリアのレストラン「SAIDO」に登場することが分かった。レストランでは、“柱”をイメージしたオリジナルメニュー、ドリンクを提供するほか、キャラクターを現実の人間のようにリアルに再現した人型クロノイドとして冨岡義勇、胡蝶しのぶが展示される。

 “VR ジェットコースター”の「鬼滅の刃 XRライド」の正面に位置する「スタジオ・スターズ・レストラン」では、煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)が「うまい!うまい!」と食べていた牛鍋弁当をイメージした「うまい!うまい!牛鍋&焼きカレーセット」などを提供する。

 キャラクターになりきれる羽織り、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)のぬいぐるみハット、「鬼滅の刃」バージョンのポップコーンバケツ「禰豆子(ねずこ)ポップコーンバケツ ~はちみつうめ味~」やぬいぐるみキーチェーンなども販売する。

 コラボは、9月17日~2022年2月13日に開催される。

写真を見る全 21 枚

アニメ 最新記事