TOKYO MER~走る緊急救命室~:“椿”城田優の“報復”に視聴者「許さん」 演技力に「不気味すぎ」「悪のカリスマ」

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第10話が9月5日に放送された。同話では、世界的テロ組織のメンバーであるエリオット・椿(城田優さん)が、喜多見幸太(鈴木さん)に命を救ってもらった恩を仇(あだ)で返す展開が描かれ、「なんてひどいことしてくれるんだ」「憎い」「エリオット椿、許さん」「悪魔!」と憤慨する視聴者が相次いだ。

 本作は、都知事・赤塚梓(石田ゆり子さん)の命で新設されたTOKYO MERの活躍を描く医療ドラマ。第10話では、ある大学で爆破事件が発生。救助のために喜多見と音羽尚(賀来賢人さん)が駆け付けるも、それは更なる爆破テロを仕掛けた椿のわなだった。

 さらに、椿は喜多見の妹・涼香(佐藤栞里さん)にも接触し、喜多見に渡してほしいと水筒を預ける。しかし、その水筒には爆弾が仕掛けられており、喜多見にとって唯一の家族だった涼香が命を落としてしまう……という展開だった。

 SNSでは、椿を演じる城田さんに対し「悪役やらせたら天才」「演技がうますぎて本気で嫌いになりそう」「美しいから余計腹立つ」「不気味すぎてビビる」「悪のカリスマ」と、演技力を絶賛する声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る