ヴァイオレット・エヴァーガーデン:金曜ロードショーで2週連続放送 テレビアニメ特別編集版&外伝 京都アニメーション制作

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版」のビジュアル(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
1 / 2
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版」のビジュアル(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で10月29日、11月5日に2週連続で放送されることが分かった。10月29日午後9時に石立太一監督の監修でテレビシリーズを新たに再構成した「特別編集版」が放送され、11月5日午後9時に2019年に劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」が本編ノーカットで放送される。「特別編集版」「外伝」は、ともに地上波初放送となる。

 「特別編集版」は、2018年に放送されたテレビシリーズの序章の第1~3話、名作と言われる第7話、第9話、ファンの間で神回とも言われた第10話を中心に構成される。「外伝」は、自動手記人形として成長を重ねた主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンが、規律の厳しい女学校に通う新たな依頼主・イザベラと次第に心を通わせていく姿が描かれた。

 石立監督は、「元々テレビシリーズとして制作した全13話を、今回金曜ロードショー特別版として、再編集いたしました。一度見てくださった方も、まだご覧になったことのない方も、ここから始まる、ヴァイオレット・エヴァーガーデンという女性の人生。その一瞬を、できるなら、お一人でも多くの方に見ていただけたらと思っております」とコメント。

 「そしてヴァイオレットの歩みが見てくださった方の人生において、何かしらのプラスとなることができたら、とてもうれしく思います。今作は手紙がモチーフになっています。手紙に想(おも)いを込めるように、この作品にもスタッフのたくさんの想いを込めて作りました」と話している。

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さん作、高瀬亜貴子さんイラストのライトノベルが原作。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動手記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく……というストーリー。テレビアニメが2018年1~4月に放送された。新作劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2020年に公開され、興行収入が約21億3000万円を記録するなどヒットしたことも話題になった。

 ◇「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版」のスタッフ(敬称略)

 監督:石立太一▽シリーズ構成:吉田玲子▽キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子▽制作:京都アニメーション

 ◇「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」のスタッフ(敬称略)

 監督:藤田春香▽監修:石立太一▽シリーズ構成:吉田玲子▽脚本:鈴木貴昭、浦畑達彦▽キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子▽制作:京都アニメーション

 ◇キャスト(敬称略)

 ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石川由依▽クラウディア・ホッジンズ:子安武人▽ギルベルト・ブーゲンビリア:浪川大輔▽カトレア・ボードレール:遠藤綾▽ベネディクト・ブルー:内山昂輝▽エリカ・ブラウン:茅原実里▽アイリス・カナリー:戸松遥▽イザベラ・ヨーク(外伝):寿美菜子▽テイラー・バートレット(外伝):悠木碧

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る