畠中祐:「宇宙戦艦ヤマト2205」土門竜介にぴったり! 小野大輔も太鼓判 「熱量、真っすぐさが似ている」

「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「前章 -TAKE OFF-」の完成披露舞台あいさつの様子
1 / 1
「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「前章 -TAKE OFF-」の完成披露舞台あいさつの様子

 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの最新作「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「前章 -TAKE OFF-」の完成披露舞台あいさつが9月23日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、声優の小野大輔さん、畠中祐さんが登場した。主人公・古代進役の小野さんは、新キャラクターの土門竜介役の畠中さんについて「(畠中さんと土門は)熱量、真っすぐさが似ていて、シンクロしているんですよ。『あいつ、ぴったりですね!』と(シリーズ構成の)福井(晴敏)さん、(安田賢司)監督にも話していたんです」と太鼓判を押すと、畠中さんは「ありがとうございます!」と喜んだ。

 小野さんは「古代と土門は、熱量とかがすごく似ているんですよね。自分の若い頃を見ているよう。畠中祐にもそう思う」と明かすと、畠中さんは、小野さんについて「存在が大きすぎるのですが、そこにいきたい!いかねば!と感じています」と尊敬のまなざしを向けた。

 「宇宙戦艦ヤマト」は1974年にテレビアニメ第1作が放送。「宇宙戦艦ヤマト2」「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」なども制作されてきた。第1作をリメークした「宇宙戦艦ヤマト2199」が2012~14年、「2199」の続編「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が2017~19年に劇場上映、テレビ放送された。「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」は、全2章。「前章 -TAKE OFF-」が10月8日から上映される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る