岡田将生:米倉涼子と「交渉人」以来、14年ぶり共演 「大人になった姿を見せられたら」

10月14日スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズ主演の米倉涼子さん(右)と初回ゲストの岡田将生さん=テレビ朝日提供
1 / 2
10月14日スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズ主演の米倉涼子さん(右)と初回ゲストの岡田将生さん=テレビ朝日提供

 俳優の岡田将生さんが、10月14日に放送がスタートする女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズの初回にゲスト出演することが9月28日、分かった。ひょんなことから大門未知子(米倉さん)と出会い、人生の転機を迎えることになる呼吸器外科医・一木蛍を演じる。岡田さんが米倉さんと共演するのは、当時まだ10代だった「交渉人~THE NEGOTIATOR~」第1シリーズ(2008年1月期放送)以来、約14年ぶりとなる。

 岡田さんは「長く愛される国民的ドラマに出演させていただき、本当にうれしいです。実は米倉(涼子)さんをはじめ、『ドクターX』のスタッフさんの中に、僕が10代の頃にご一緒させいただいた方がたくさんいらっしゃるんです。そんな皆さんと30代になった今、もう一度仕事ができることが本当に楽しみで、少しでも成長して大人になった姿を見せられたらと思いながら、撮影に挑みました」とコメント。

 役どころについて「今回演じる一木は、『人を救う医者になりたい』という気持ちだけで突っ走る中、パンデミックで降りかかってきた不安や葛藤が少しあふれてしまう役どころです。一木の心境には共感も覚えたので、わりと等身大で演じています」といい、「一木の悩み、彼と大門先生の交流、そこから生まれる変化にはすごく心に迫るものがありますし、皆さんにも共感していただけると思いますので、ぜひご覧ください」とアピールした。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、“新たな敵”内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らが立ちはだかる……という展開。初回は10月14日午後9時~10時9分に放送。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る