東京国際映画祭:アニメ部門で仮面ライダー、大塚康生さん特集 邦画2作品がコンペティション部門に 橋本愛がアンバサダー就任

第34回東京国際映画祭のラインアップ発表会で上映が発表された「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」のビジュアル (C)2009劇場版「ディケイド・シンケンジャー」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
1 / 4
第34回東京国際映画祭のラインアップ発表会で上映が発表された「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」のビジュアル (C)2009劇場版「ディケイド・シンケンジャー」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 「第34回東京国際映画祭」のラインアップ発表会が9月28日、東京都内で開催された。女優の橋本愛さんが、同映画祭のフェスティバル・アンバサダーに就任することが発表されたほか、コンペティション部門には、「ちょっと思い出しただけ」(松居大悟監督)と、「三度目の、正直」(野原位監督)の日本映画2作品を含む15作品が選出された。
 
 オープニングには、クリント・イーストウッド監督の50周年作品「クライ・マッチョ」が上映される。クロージングには、「ラ・ラ・ランド」(デミアン・チャゼル監督、2016年)の音楽チームが送る大ヒットミュージカルを映画化した「ディア・エヴァン・ハンセン」(スティーブン・チョボスキー監督)が上映される。

 日本のアニメ映画を特集する、ジャパニーズ・アニメーション部門では、昭和、平成に上映された「仮面ライダー」シリーズの映画6作品を紹介する「『仮面ライダー』の未来へ」、3月に死去した“アニメ界の巨匠”の大塚康生さんが参加した3作品を紹介する「アニメーター・大塚康生の足跡」などがラインアップされる。

 同部門では、メガホンを湯浅政明監督、脚本を野木亜紀子さん、キャラクター原案を松本大洋さん、音楽を大友良英さんがそれぞれ担当した映画「犬王」、明石家さんまさんが企画・プロデュースを手がけた「漁港の肉子ちゃん」なども上映される。

 この1年間の日本映画を対象に、特に海外に紹介されるべき日本映画を上映する、Nippon Cinema Now部門では、吉田恵輔監督がメガホンをとった作品を特集。古田新太さん主演「空白」、松山ケンイチさん主演「BLUE/ブルー」、森田剛さん出演「ヒメアノ~ル」が上映される。

 往年の日本映画を特集する、日本映画クラシックス部門では、日本の女性映画監督の草分けでもある大女優・田中絹代がメガホンをとった4作品を上映。「月は上りぬ」(1954年)、「乳房よ永遠なれ」(1955年)、「流転の王妃」(1960年)、「お吟さま」(1962年)が上映される。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る