おかえりモネ:菜津さん「いってらっしゃい」 宇田川さんはノックで“あいさつ” 汐見湯出発に「胸いっぱい!」 

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第97回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第97回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第97回が9月28日に放送され、百音(清原さん)が汐見湯を出発するシーンが登場。菜津(マイコさん)らが粋なプレゼントを渡して、温かく送り出す姿が、視聴者の涙を誘った。

 第97回では、百音が気仙沼に向けて出発する日がやってくる。菜津は、百音と菅波(坂口健太郎さん)を描いた絵をプレゼント。さらに「あとね……」と言って、宇田川が描いた大きな絵を持ってくる。宇田川が昔に描いたという絵で、良かったら新しい職場に飾ってほしいということだった。そして、菜津は「いってらっしゃい」と百音を送り出す……という展開だった。

 お世話になった菜津の粋な餞別(せんべつ)に対して、SNSでは「菅モネの絵、2人とも優しい笑顔でいいよね」「菜津さんの絵、すごく優しい色合い。人柄がにじみ出てる」「温かくて、柔らかで、菜津さんそのもの」「胸がいっぱいになったよ!」といったコメントが続々書き込まれた。

 宇田川は、結局姿を見せることはなかった。だが、百音を送り出すシーンでは、4回ノックする音で“あいさつ”し、「宇田川さんらしい」「宇田川さんの4回のノックは『げんきで』『ありがと』かな」「ガンバレ?かな」「宇田川さんがノックしましたが、あれは『また来てね』という思いが込められてると思いました」とさまざまな推測がなされていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る