おかえりモネ:“DJ百音”!? TVからラジオの世界へ 突然の“アメリカン・パトロール”「泣くじゃん!」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第97回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第97回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第97回が9月28日に放送され、百音(清原さん)が気仙沼のラジオで気象予報を伝えるシーンが登場し、「DJ百音の誕生!?」と視聴者の注目を集めた。

 第97回では、気仙沼に戻った百音は、市役所に売り込みに出かける。担当者と話していると、ラジオから機械音の天気予報が流れてくる。百音は、自分に天気予報を任せてほしいと申し出る。早速、地元のコミュニティーFMの気象担当としてデビューする……という展開だった。

 百音のラジオ出演に対して、SNSでは「ラジオ放送をする姿も様になってる」「ラジオ放送も上手」「落ち着きあっていいね」「さすがクソ度胸の百音ちゃん、ラジオも本番強い!」「声の響きが好きだな」「モネの声、心地良い声だからラジオにぴったりだね!」と絶賛のコメントが続々。

 また、気象コーナーのジングルが百音が学生時代に演奏していたグレン・ミラーの「アメリカン・パトロール」だったため、「泣くじゃん!」「アメリカン・パトロールで号泣」「アメリカン・パトロール選ぶ演出は粋だな~」「胸がいっぱいになったよ…」といった感想も書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る