片岡愛之助:養父・片岡秀太郎さんの死去「いまだに信じられない」 「聞きたいこともいっぱいあった」

「吉例顔見世興行」の会見に参加した片岡愛之助さん
1 / 1
「吉例顔見世興行」の会見に参加した片岡愛之助さん

 歌舞伎俳優の片岡愛之助さんが10月15日、大阪市内で開催された、京都・南座(京都市東山区)で公演される冬の京都の風物詩「吉例顔見世興行」の会見に参加。今年5月に死去した養父の片岡秀太郎さんについて「いまだに信じられない感じ」と語った。

 愛之助さんは「最近だと(演目の)『輝虎配膳』を一緒に務めさせていただいたのが印象的で、勉強になりました。もっとたくさん、いろいろな芝居をしたいなと思っていた矢先だったので、本当に何も言えません」といい、「まだまだ聞きたいこともいっぱいありましたけど、それもかなわないので……。天国から見守っているんじゃないかなと思って、しっかりと一役一役を務めていきたいと思います」と決意を新たにしていた。会見には、松本幸四郎さんも参加した。

 「吉例顔見世興行」は、12月2~23日に南座で公演。三部制各2演目で行われ、幸四郎さん、愛之助さんが登場する「雁(かり)のたより」「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」などを上演。チケットは11月10日午後10時から電話、ウェブで発売される。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る