間寛平:「淀川 寛平マラソン」3年ぶりリアル開催 「つくづくよかった」

「フジパンPresents 淀川 寛平マラソン2022」開催発表会見に出席した(左から)西代洋さん、たむらけんじさん、間寛平さん、福本愛菜さん、石田靖さん
1 / 6
「フジパンPresents 淀川 寛平マラソン2022」開催発表会見に出席した(左から)西代洋さん、たむらけんじさん、間寛平さん、福本愛菜さん、石田靖さん

 お笑い芸人の間寛平さんが10月22日、大阪市内で行われた、チャリティーマラソン「フジパンPresents 淀川 寛平マラソン2022」の開催発表会見に出席した。来年3月6日に枚方市の淀川河川公園特設コーナーで開催されることが発表。コロナ禍のため2020年が中止、今年はランナーたちが走った距離をスマホアプリで集計するオンライン開催だったため、来年は3年ぶりのリアル開催となる。

 「淀川 寛平マラソン」は、間さん発起人を務めるチャリティーマラソン。例年1万人以上のランナーが参加していたが、2022年は先着順で3300人のランナーを募集する。エントリー料のうち1人につき100円が、東日本大震災被災地支援、新型コロナウイルス対策事業支援に寄付される。

 間さんは「僕も走って40年近くなりますが、この2年間、さみしいという気持ちになりました。来年は開催できるということで、つくづくよかったと思います」と胸をなでおろす。「吉本興業の若手にも来てもらって、ランナーを盛り上げるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っていた。

 会見には石田靖さん、たむらけんじさん、福本愛菜さんも出席。「ミサイルマン」の西代洋さんが司会を務めた。

写真を見る全 6 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る