デジモンゴーストゲーム:第3話「ラクガキ」 怪奇現象“赤くしゃ” 自撮りの一部に妙な落書き!?

「デジモンゴーストゲーム」の第3話「ラクガキ」の一場面(C)本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション
1 / 4
「デジモンゴーストゲーム」の第3話「ラクガキ」の一場面(C)本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

 アニメやゲームが人気の「デジモン」シリーズの新作テレビアニメ「デジモンゴーストゲーム」の第3話「ラクガキ」が、フジテレビほかで10月24日午前9時に放送される。

 “赤くしゃ”と呼ばれる怪奇現象が頻発する。スマホで自撮りした写真の一部に妙な落書きが現われ、その部位に異変が起きるという。ある女の子にもその現象が起きる。

 「デジモンゴーストゲーム」は「デジモン」と“怪奇”を組み合わせたアニメで、中学1年生の天ノ河宙が、父に預けられたやんちゃなデジモン・ガンマモンと出会い、様々な怪奇現象に巻き込まれていく……というストーリー。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る