二月の勝者:“黒木先生”柳楽優弥が説得術で魅せた! 「カリスマ性すごい」「聞きほれちゃう」

連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」第2話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の柳楽優弥さん主演の連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系、土曜午後10時)第2話が10月23日に放送された。同話では、「桜花ゼミナール」校長の黒木蔵人(柳楽さん)が、退塾を申し出た生徒とその両親を見事に説得。視聴者は「黒木先生の説得力ハンパない」「カリスマ性すごい」「聞きほれちゃう」と感服した。

 第2話では、Rクラスの生徒・加藤匠(山城琉飛さん)の母・涼香(堀内敬子さん)から、「匠が塾をやめたがっている」と連絡が入る。匠は授業中にいつも窓の外を眺め、新学期のテストでも答案は白紙だった。実は匠は大の鉄道好きで、塾の近くを走る電車の時刻表や車両を把握していた。それを知った黒木は、匠の両親を呼んで面談の場を設ける。

 そこで黒木は、匠が興味を示す鉄道の話題で関心を引きつけ、鉄道研究部がある私立中学を紹介する。さらに、匠の偏差値は全体的に見ると低いが、鉄道好きが起因して地理分野では偏差値70の実力があると説明。これだけの記憶力があれば、他の科目でも飛躍的な成績の伸びが期待できると説得する……という展開だった。

 黒木の巧みな話術に、「こんな説得されたら『ここにお任せしよう』って思ってしまう」「黒木先生の言う通りにします!」と視聴者も納得。「保護者の説得をする黒木先生見てるとワクワクすんだよなあ!」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る