板垣李光人:平手友梨奈主演ドラマで失声症の厩務員に “声を使わない”表現、難役挑戦も「楽しい毎日」と充実感

ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」で失声症の厩務員・木崎誠を演じる板垣李光人さん (C)NHK
1 / 3
ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」で失声症の厩務員・木崎誠を演じる板垣李光人さん (C)NHK

 女優で歌手の平手友梨奈さん主演のNHK土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」(総合)で、俳優の板垣李光人さんが演じる失声症の厩務(きゅうむ)員・木崎誠のビジュアルが10月26日、公開された。馬を連れた厩務員姿の板垣さんが写し出され、「“声を使わない”ということは自分の中でも新しい表現方法で、撮影に入る前は若干の不安があったものの、いざ始まってみると監督や共演者の皆さんのおかげもあり、誠と共鳴し苦しくなるシーンもありましたがとても楽しい毎日です」と板垣さんは充実感をにじませた。

 ドラマは古内一絵さんの同名小説(小学館)が原作。平手さん演じる主人公の女性騎手・芦原瑞穂のひたむきな情熱が、人生を諦めていた人々の心に火をつけ、廃業寸前の厩舎が桜花賞に挑んでいく物語。同局の連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」などで知られる大森寿美男さんが脚本を手掛けた。

 板垣さんは「特によく話しかけてくださる平手さんには癒やされながらも、ジョッキーという危険と隣り合わせの撮影の中でひたすら役と向き合い作品を創り上げてゆく、瑞穂そのものの姿に、とても背中を押されています」と明かす。

 演じる誠は、馬には優しい厩務員で、「キャスト、スタッフの人間陣はもちろんですが、馬たちも本当に頑張ってくれています。まさしく人馬一体となったこの作品は必ず素晴らしいものになると思いますので、楽しみにしていてください」と視聴者に呼びかけた。

 内藤愼介プロデューサーは「ドラマは、平手さん演じる女性騎手・瑞穂の成長物語ですが、同時に彼女が厩舎で出会う変な仲間たちの再生物語でもあります。板垣李光人さんが演じる木崎誠は、美男子で失声症の男です。彼の存在感とセンシティブな演技は、言葉を発せず意思を伝えていく、そのようなことが成立するのかと心配する私たちの不安をふっ飛ばしました。瑞穂と共に前に進む仲間たちの再生物語の中、板垣さんの馬を思う強いまなざし、チョットした細かいしぐさに目が離せなくなること必見です。ご期待ください」と語っている。

 ドラマはNHK総合で12月18、25日午後9時~同10時13分に放送される。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る