本郷奏多:実写版「嘘喰い」で立会人の目蒲鬼郎役 原作通りの金髪ヘアに

映画「嘘喰い」で目蒲鬼郎を演じる本郷奏多さん(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
1 / 1
映画「嘘喰い」で目蒲鬼郎を演じる本郷奏多さん(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

 俳優の本郷奏多さんが、横浜流星さん主演の映画「嘘喰い」(中田秀夫監督)に出演することが10月27日、分かった。「キングダム」「Diner ダイナー」など原作を再現したビジュアルに定評のある本郷さんは、本作では金髪ヘアが特徴的な立会人の目蒲鬼郎(めかま・きろう)を演じる。

 元々原作マンガを読んでいたという本郷さんは「目蒲の持っていたイメージである何を考えているか分からないような不気味さをどう表現するのかを考えて撮影に臨みました」とコメント「アクションシーンもやらせていただいたのですが、中田監督やアクション監督がアイデアを取り入れていただいて、カッコいいアクションになっていると思いますので、ご期待ください」と呼びかけている。

 映画は、2006~17年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された迫稔雄さんの人気マンガが原作。通称「嘘喰い」と呼ばれる正体不明の天才ギャンブラー・斑目貘(まだらめ・ばく、横浜さん)が、日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう)の頂点を目指し、巨額の金と命を懸けたギャンブル、ゲームに興じる姿を描く。

 白石麻衣さん、三浦翔平さん、櫻井海音さん、村上弘明さんの出演も発表された。巧妙なイカサマで客からむしり取る闇カジノのオーナー・鞍馬蘭子(くらま・らんこ)を白石さん、ある事件が原因でマッドサイエンティストにひょう変し、権力者の金と命を奪っていく佐田国一輝(さだくに・いっき)を三浦さん、賭郎の頂点に君臨し、「お屋形様」と呼ばれる謎の男・切間創一(きるま・そういち)を櫻井さん、立会人の夜行妃古壱(やこう・ひこいち)を村上さんが演じる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る