鷲見玲奈:「ドクターX」ゲスト出演 凰稀かなめの“ライバル女優”に 「かつて抱いた悔しい気持ち」ぶつけた

11月4日放送の「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第4話の一場面 (左から)鷲見玲奈さん、凰稀かなめさん、米倉涼子さん、今田美桜さん=テレビ朝日提供
1 / 1
11月4日放送の「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第4話の一場面 (左から)鷲見玲奈さん、凰稀かなめさん、米倉涼子さん、今田美桜さん=テレビ朝日提供

 フリーアナウンサーの鷲見玲奈さんが、米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)第7シリーズの第4話(11月4日放送)にゲスト出演することが分かった。凰稀(おうき)かなめさん演じる人気ミュージカル女優・四季唯花(しき・ゆいか)のライバル、早水楓(はやみ・かえで)を演じる。鷲見さんは自身初の女優役で、“あざとい”という女性を表現する。

 楓は、ほしい物を手に入れるためなら手段をいとわない性格。世界的大舞台で主演を務めることになっていた唯花が「東帝大学病院」に入院したのを機に、主役の座を奪おうと闘志を燃やす。唯花を心配しているふりを装いながら、精神的に追い詰める楓の動きがやがて、東帝大学病院に“あってはならない影響”を及ぼすという。

 自身の役どころについて鷲見さんは「牌(ぱい)を争うという意味では、女優の世界は少しアナウンサーにも通じる部分があるのかもしれません(笑い)。そう思ったので、自分がかつて抱いた悔しい気持ちなどを思い出したりして演じました」とコメント。「凰稀さんとバチバチし合う場面では、リハーサル中、あまりに強い凰稀さんの目に思わずひるんでしまいましたが、本番では気持ちを入れ直して臨みました」と語った。

 撮影現場では、鷲見さんの“あざとさ”十分の芝居に、主演の米倉さんはじめ、今田美桜さんらキャストも大爆笑だったという。鷲見さんは「現場ではガチガチに緊張していたのですが、リハーサルでは私のあざとい役どころのセリフに米倉さんや今田さんが笑ってくださって、少し緊張が和らいだのを覚えています」と振り返っていた。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、“新たな敵”内科部長の蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らが立ちはだかる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る