ヴァイオレット・エヴァーガーデン:コスプレ披露の浅田舞が魅力語る 「とにかく美しくドラマチック」

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のヴァイオレット・エヴァーガーデンのコスプレを披露した浅田舞さん
1 / 3
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のヴァイオレット・エヴァーガーデンのコスプレを披露した浅田舞さん

 京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で10月29日、11月5日に2週連続で放送されることを受けて、フィギュアスケーターでタレントの浅田舞さんがコメントを寄せた。浅田さんは、バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」(同局系)でアニメの主人公、ヴァイオレット・エヴァーガーデンのコスプレを披露したことも話題になった。当時のコスプレ写真と共に「『愛してる』の意味を探し求める物語。描写がとにかく美しくドラマチックなのが一番の魅力です」とコメントを寄せている。

 金曜ロードショーでは、10月29日午後9時に、2018年1~4月に放送されたテレビシリーズを石立太一監督の監修で新たに再構成した「特別編集版」を放送。11月5日午後9時に、2019年9月に劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」を本編ノーカットで放送する。「特別編集版」としての放送はテレビ初で、「外伝」は地上波初放送となる。

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さん作、高瀬亜貴子さんイラストのライトノベルが原作。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動手記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく……というストーリー。テレビアニメが2018年1~4月に放送された。新作劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2020年に公開され、興行収入が約21億3000万円を記録するなどヒットしたことも話題になった。

 ◇浅田舞さんのコメント全文

 「愛してる」の意味を探し求める物語。描写がとにかく美しくドラマチックなのが一番の魅力です。代筆の仕事をするたびにヴァイオレットの感情が豊かになっていく、その姿に感動します。手紙を依頼する側のストーリーのエピソードも深くて泣けるんです。トラブルも多いのですが、悩みながらもさまざまな人の愛に触れながら学び成長していくヴァイオレットの姿は美しいです!

 特に好きなシーンは、湖を渡るシーンです。湖に向け飛び立つとスローモーションになるのですが、一瞬一瞬が美しいストーリーでした。そもそもアニメ好きの友達にオススメされて見たのですが、見終えた後、私も同じように友達にオススメしています。今回の放送で、さらに多くの方に見てもらえればと思います。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る