中島健人:人生を変えてくれたのは「ジャニーさん」 もっとも印象に残った言葉明かす

「Netflix Festival Japan 2021」に登場した中島健人さん
1 / 7
「Netflix Festival Japan 2021」に登場した中島健人さん

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんが11月10日、東京都内で開催されたNetflixのラインアップ発表イベント「Netflix Festival Japan 2021」に、女優の松本穂香さんらと登場した。自身が主演を務める映画「桜のような僕の恋人」のストーリーにちなみ、“運命的な出会い”を聞かれた中島さんは、「ジャニーさん」と即答。「ジャニーさんに出会い、人生を変えた瞬間にたくさん出合えた」と切り出し、「かなり怒られたり注意されたりもしたけど、そういう時間があったからこそ今の自分でいる」と神妙な表情で感謝の思いを語っていた。

 また中島さんは、ジャニーさんからの言葉で一番印象に残っているものを、「僕の出演している作品を見て、『ユーは役者だよ』とおっしゃっていただいたことが印象的」と明かし、「このすてきな映画を背負えていることも、ジャニーさんへの恩返しなのかなと思います」と恩人に思いをはせていた。

 映画は、宇山佳佑さんの同名小説(集英社文庫)が原作のラブストーリー。出演決定前、書店めぐりをしている際に同書と出合ったという中島さんは、「小説の中ですてきな恋愛ができないかなと思って、本をいろいろめぐっていた。すてきな数ある本の中で目を引いた表紙が『桜のような僕の恋人』。読んでみたら、本がビショビショになるぐらい泣いてしまった。こんなすてきな本にめぐり合えたのは人生で初めてだなっていう思い出があります」と明かした。

 そんな“原作愛”が強い中島さんは、「原作小説がとてもすてきな作品なので、映画にしたら世界観が変わってしまわないかと心配をされる方もいらっしゃると思います」と小説ファンを気づかい、「最初に脚本を読んだとき、原作の良いところをさらに引き出してパワーアップさせていて、読んだだけで桜の情景を思い浮かばせてくれる、すてきな文字のつながりがあった。一つ一つの文字に引かれながら最後まで読んだときは、小説と同じぐらい、もしくはそれ以上の感動がありました」と期待を裏切らない完成度に感激したと語っていた。イベントには、深川栄洋監督も出席した。

 映画は、動画配信サービス「Netflix」が企画・製作。美容師の美咲(松本さん)に恋をした晴人(中島さん)は、美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢をかなえようと決意。しかし、美咲は人の何十倍も早く老いていく難病を発症してしまう……というストーリー。2022年3月24日に全世界同時配信される。

写真を見る全 7 枚

映画 最新記事