篠原涼子:不倫に走る妻役「体当たりで挑んだ」 長谷川京子「きっと共感してくださる方も」

「Netflix Festival Japan 2021」に登場した篠原涼子さん(右)と長谷川京子さん
1 / 9
「Netflix Festival Japan 2021」に登場した篠原涼子さん(右)と長谷川京子さん

 Netflixのオリジナルシリーズ「金魚妻」で主演を務める女優の篠原涼子さんが11月10日、東京都都内で開催されたNetflixのラインアップ発表イベント「Netflix Festival Japan 2021」に、長谷川京子さんらと登場した。不倫に走ってしまった専業主婦・平賀さくら役を演じる篠原さんは、「素晴らしい作品にめぐり合え感謝しております」と笑顔を見せ、濃厚な“大胆シーン”も披露していることについて、「とにかくこの作品は体当たりで挑んだ」と作品に臨んだ際の心境を明かしていた。

「金魚妻」は、「グランドジャンプめちゃ」(集英社)で連載されている黒澤Rさんの“禁断の不倫愛”を題材にしたマンガが原作。ある事故をきっかけに夢を諦め、美容室を経営する夫と結婚した平賀さくらは、誰もがうらやむ人生を送っていた。だが1人になった時、彼女の心はいつも悲しみに包まれ、金魚鉢の中で泳ぐ“金魚”に自分を重ねていた。ある日、“金魚”をきっかけに出会った男性と、一線を越えてしまう……という展開。傷ついたさくらを優しく受け入れる春斗を岩田剛典さん、愛していたはずの妻をいつしか支配するようになった夫・卓弥を安藤政信さん、ある事情からさくらに挑むような態度を取るゆり葉を長谷川さんが演じる。

 自身が演じる役どころについて、篠原さんは、「さくらは美容室を経営する旦那さんの奥さんで、見た目は幸せそうで華やかに暮らしているという夫婦像だが、実は裏があって」と切り出し、「あるとき立ち寄った店で小さな金魚鉢に入った金魚を見て自分と照らし合わせ、自分とリンクするところがあり、金魚を通じてさくらの思いが変化していく」と説明した。

 篠原さんが、「大胆でエロティックなシーンは体当たりさせていただきました」と撮影を振り返ると、長谷川さんも「いわゆる体当たりなシーンが毎回ありますが、私自身、並木監督やスタッフの方、キャストの方を信用して、良い作品に絶対なるであろうと信じてやらせていただいた。少しでも多くの方に見ていただけるとうれしい」とアピールしていた。

 作品の見どころを、篠原さんは、「どのキャラクターも心理的に丁寧に描かれていて“大人らしい”ドラマ。すごく見応えがあり、一人一人の物語にいろんな感情や気持ちが入っているので、皆さん一人一人が自分に照らし合わせて見られるような作品になっていると思います」と呼びかけていた。イベントには、並木道子監督も出席した。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る