新幹線変形ロボ シンカリオンZ:「銀河鉄道999」メーテルが小学生に!? 異色のコラボの裏側

「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」の一場面(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX(C)松本零士・東映アニメーション
1 / 6
「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」の一場面(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX(C)松本零士・東映アニメーション

 新幹線がロボットに変形するテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の新作「新幹線変形ロボ シンカリオンZ(ゼット)」と人気アニメ「銀河鉄道999」がコラボしたことが話題になっている。「シンカリオン」「シンカリオンZ」は、これまで「エヴァンゲリオン」とのコラボが「本気すぎる!」「神回!!」などと話題になったが、「銀河鉄道999」のコラボも斬新だ。「銀河鉄道999」の人気キャラクターのメーテルが、小学5年生の月野メーテルとして登場。ミステリアスな大人の女性として知られるメーテルが小学生になって登場することに驚かされた人も多いはず。異色のコラボの裏側を探った。

 ◇メーテルは北海道長万部町に住む小学5年生

 テレビアニメ「シンカリオンZ」は、シンカリオンZの運転士となった子供たちが、新幹線超進化研究所の所員たちと力を合わせ、巨大怪物体を迎え撃つ姿を描く。テレビ東京系で毎週金曜午後7時25分に放送中。「銀河鉄道999」は松本零士さんの人気SFマンガが原作で、テレビアニメが1978~81年に放送された。2019年12月公開の劇場版アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」の公開時期に展開された物販催事において「銀河鉄道999」のコラボビジュアルが描き下ろされ、商品化されたことがあり、コラボ自体は初めてではないが、今度は、アニメ本編にメーテルが登場することになった。

 「シンカリオンZ」に登場する月野メーテルは、北海道長万部町に住む小学5年生。新幹線超進化研究所の北海道支部に所属し、シンカリオンZ H5はやぶさ、および武装強化車両ザイライナー 261ホクトとZ合体したシンカリオンZ H5ホクトの運転士を務める。シンカリオンZ H5はやぶさは、極寒の環境でも戦えるように開発された寒冷地仕様のシンカリオンZで、腕強化型のザイライナー 261ホクトとZ合体し、雪上でも自在に高速走行が可能なシンカリオンZ H5ホクトに進化する。メーテルはゆきのさつきさんが声優を務める。

 2018年1月~2019年6月に放送された前作「シンカリオン」には、シンカリオン H5はやぶさが登場し、新幹線超進化研究所北海道支部に所属する11歳の発音ミクが運転士を務めた。発音ミクは、初音ミクとのコラボキャラクターだ。なぜ、今度はメーテルなのか? 「シンカリオンZ」を手がけるジェイアール東日本企画の鈴木寿広プロデューサーが説明する。

 「『シンカリオン』シリーズの劇中の時間は、現実と同じように流れています。『シンカリオン』の放送開始から3年がたち、『シンカリオンZ』の時間では、前作でシンカリオン H5の運転士を務めたミクは中学生になっているはずなんです。シンカリオンの運転士は小学生なので、変えないといけないと考えていました。ミクがコラボで登場したキャラクターなので、今回もコラボにしようとしました。候補が挙がる中で、鉄道ということで親和性も高い『銀河鉄道999』のメーテルしかいない!となったんです」

 ◇違和感が面白い 子供に迎合しない

(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX(C)松本零士・東映アニメーション

 メーテルを小学生にするというのは大胆な発想だ。“鉄道アニメの大先輩”とのコラボということもあって、鈴木プロデューサーは「恐れ多い……」とも感じたというが、「『エヴァンゲリオン』シリーズとのコラボもそうでしたが、違和感が面白い。『シンカリオン』シリーズは子供に迎合しない。さじ加減が難しいのですが」と強気に攻めた。「エヴァンゲリオン」とのコラボも「中途半端にしても面白くない」という思いで臨み、「ここまでやるのか!」となるほど盛りだくさんの内容だった。その姿勢は変わらない。

 小学生になったメーテルをデザインしたものの「監修が大変かもしれない……」と不安もあったというが、あっさりとOKが出た。リテークは「帽子が長いので、短くしてほしい」だけだった。

 アニメ「銀河鉄道999」を手がけた東映アニメーションの常務取締役を務め、現在は顧問の清水慎治さんは「悪意がなければいいんです。松本先生はイヤな時はイヤと言う方です。『シンカリオンZ』の世界観に合っていた方がいい。作品は生ものです。忘れられるよりも、こうやって新しい世代にアピールしていきたい」という思いがあった。

 清水さんは孫と一緒に「シンカリオン」を楽しんで見ているといい「松本先生は昔、『銀河鉄道999』は3世代で見られる作品とおっしゃっていました。『シンカリオン』シリーズもそうですよね。メーテルが初めて『シンカリオンZ』に登場した回では、松本先生も『うーんうん』とうなずいて、喜んでいたようです」と笑顔で語る。

 「エヴァンゲリオン」シリーズのコラボと同じく、作品へのリスペクトも込めた。月野メーテルはこれまで第20、26話に登場し、11月19日放送の第28話から本格的に登場する。今後は「キーマンになります。これからもどんどん出てきます」とレギュラーキャラクターとして登場する。小学生の月野メーテルがどんな活躍を見せてくれるのだろうか? 期待が高まる。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る