nasne:人気のネットワークレコーダーがPS5に対応 PS5版torneがリリース メディアリモコンにも対応

PS5版torneの番組表
1 / 3
PS5版torneの番組表

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は11月24日、ネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」用PS5向けアプリ「torne(トルネ)」の配信を開始した。これまでnasneは、iOS、Android、PC、PS4までの対応で、torneのPS5版がリリースされたことで、nasneがPS5に対応したことになる。

 nasneは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現SIE)が2012年にリリースしたネットワークレコーダー&メディアストレージ。地上デジタル、BS、110度CSのチューナーを搭載する一方、映像出力が搭載されていないのが特徴で、本体を家庭内ネットワークに接続することで、対応機種から映像コンテンツが視聴できる。スピーディーで使いやすいアプリも手伝ってファンが多く、2019年にSIEでは生産を終了したものの、ユーザーからの声に応える形でバッファローが継承し、今年3月に後継機が発売された。

 PS5版のtorneは、番組表の確認や、番組の検索、録画予約が無料状態で可能。500円の視聴再生機能のほか、音質を改善する追加コンテンツ「オトイイネ」を1320円、黒を基調としたデザインテーマ「トルネ・ブラック」を500円で販売。操作は、従来のDualSenseワイヤレスコントローラーに加え、PS5専用のメディアリモコンでも行える。

 アプリの公開に合わせて、録画した番組を同一ネットワークの別のnasneにダビングする機能「お引越しダビング」も、本日より無料アップデートで追加。バッファロー製のnasneだけでなく、SIE製のnasneにも対応する。

写真を見る全 3 枚

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る