THE W 2021:昨年コロナで辞退のスパイク「健康第一」 紅しょうがは“リベンジ”誓う

「女芸人No.1決定戦 THE W 2021」決勝戦に進出したファイナリスト10組
1 / 14
「女芸人No.1決定戦 THE W 2021」決勝戦に進出したファイナリスト10組

 今年で5回目を迎える、女性のお笑い芸人の中から“笑いの女王”を決めるコンテスト「女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)2021」(日本テレビ系)の決勝戦に進出したファイナリスト10組が11月27日、日本テレビで行われた会見に出席した。昨年、決勝進出を果たしながら、新型コロナウイルス感染のために出場を辞退したお笑いコンビ「スパイク」は2年連続の決勝進出。松浦志穂さんは「昨年は泣きすぎて一回溶けました。なんとかまた戻ってきました」と話し、小川暖奈さんは「(大会まで)健康第一」と意気込んだ。

 2年連続3度目の決勝進出を果たしたお笑いコンビ「紅しょうが」の熊元プロレスさんは「(去年優勝した吉住さんが)テレビにたくさん出ているのを見てきたので」と“リベンジ”を誓った。稲田美紀さんは「決勝までに一件、お見合いが入っているんですけど、“かかっている”状態でお見合いやるのは違うかなって」とプライベートの悩みを吐露していた。

 「THE W 2021」では、大会史上最多の総エントリー数700組の中から、スパイク、紅しょうがのほか、お笑いコンビ「Aマッソ」「オダウエダ」「TEAM BANANA」「天才ピアニスト」「ヨネダ2000」、トリオ「女ガールズ」、ピンの茶々さん、ヒコロヒーさんが決勝に進出した。決勝戦の模様は12月13日午後8時~同10時54分に日本テレビ系で放送。優勝者(ユニット)には賞金1000万円が贈られる。

写真を見る全 14 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る