乃木坂46生田絵梨花:しょっぱなから涙の卒コン 登場時は「10年前の自分になった気持ち」

乃木坂46の生田絵梨花さんの卒業コンサートの模様
1 / 15
乃木坂46の生田絵梨花さんの卒業コンサートの模様

 アイドルグループ「乃木坂46」を年内で卒業することを発表している生田絵梨花さんの卒業コンサートが、12月15日に横浜アリーナ(横浜市港北区)で開催。生田さんは、冒頭に自身のソロ曲「あなたのために弾きたい」のピアノ弾き語りを披露。目に涙を浮かべながらステージに登場し、「(きょう)出てくる時は10年前の自分になった気持ちでした。すごい緊張して、昨日もあまり寝られなかった」と話していた。

 コンサートは、生田さん本人の意向を基に組まれたセットリストで、アンコールを含め全28曲が披露された。生田さんのソロ曲「あなたのために弾きたい」のピアノ弾き語りから幕開け。序盤は「制服のマネキン」「会いたかったかもしれない」「ぐるぐるカーテン」などグループ結成当初の楽曲を次々と披露。中盤は期別楽曲のコーナーで、4期生の「I see…」、3期生の「三番目の風」、2期生の「アナスターシャ」にも1期生の生田さんが混じり、パフォーマンスした。

 終盤は「インフルエンサー」「シンクロニシティ」「ガールズルール」などグループを代表するシングル曲が披露された。その後、生田さんが“最後のセンター”を務める「最後のTight Hug」が披露され、アンコールへ。

 アンコールでは、生田さんが自身最後のソロ曲「歳月の轍(ときのわだち)」をピアノ弾き語りで披露。続く「君の名は希望」は生田さんの弾き語りで、全メンバーで歌唱した。最後は「ダンケシェーン」で明るく締めくくった。

 生田さんは1997年1月22日生まれの24歳。2011年8月に乃木坂46の1期生としてデビューした。グループの人気メンバーとして活躍する一方で、多数のミュージカル作品に出演。2019年4月には「第44回菊田一夫演劇賞」も受賞した。映像作品にも活躍の場を広げており、2022年1月14日公開の映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」(田中亮監督)にも出演する。

写真を見る全 15 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画