宮野真守:レッドリボン軍のムラサキ曹長が好き 神谷浩史と「ドラゴンボール」出演に歓喜

「ジャンプフェスタ2022」の「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」のステージイベントの様子(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.
1 / 9
「ジャンプフェスタ2022」の「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」のステージイベントの様子(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」のイベントが12月18日、幕張メッセ(千葉市美浜区)とオンラインで開催中の「ジャンプフェスタ2022」内で行われ、孫悟空役の野沢雅子さん、ピッコロ役の古川登志夫さんが登場した。イベントでは、劇場版の新キャラクターのキャストが発表され、神谷浩史さんがレッドリボン軍の人造人間のガンマ1号、宮野真守さんがガンマ2号をそれぞれ演じることが分かった。

 神谷さん、宮野さんはステージに登場し、「ドラゴンボール」への思いを語り、出演を喜んだ。宮野さんは子供の頃、レッドリボン軍のムラサキ曹長が好きだったことを明かした。劇場版では、ピッコロが重要なキャラクターになるといい、野沢さん、古川さん、神谷さん、宮野さんがピッコロへの思いを語り合った。

 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来の劇場版。鳥山さんが原作、脚本、キャラクターデザインを担当する。前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートを手がけた児玉徹郎さんが監督を務め、久保田誓さんが作画監督を担当。「マスカレード・ナイト」「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」などの佐藤直紀さんが音楽を担当する。2022年4月22日公開。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る