婚姻届に判を捺しただけですが:最終話 ついにライクからラブへ 2人が見つけた夫婦の形とは

(C)TBS
1 / 10
(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインで俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)最終話が12月21日に放送される。

 ついにライクからラブへと、お互いの気持ちを確かめることができた明葉(清野さん)と百瀬(坂口さん)。一から付き合いを始めることになり、明葉は百瀬と暮らしていた家へと帰ることになった。

 明葉がおそろいのものを買ってきてくれて百瀬は幸せでいっぱい。“初めての両思い”につい浮かれてしまった百瀬は、仕事の取引先相手にも「妻が……」と明葉の作品を自慢げに語ってしまう。

 すると、その取引先相手が明葉を指名して森田デザインに仕事を依頼。明葉は自分の実力が評価されて、指名されたのだと思って喜ぶが……。

 そんな中、一緒に暮らしていた家を退去しなければいけない事態に。2人が見つけた夫婦の形とは……。

 原作はマンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の有生青春さんの同名マンガ。独身生活を楽しむイマドキ女性の大加戸明葉と、ある人をいちずに思う堅物イケメンの百瀬柊が偽装結婚するラブコメディー。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る