倫敦ノ山本五十六:香取慎吾主演NHKドラマ、きょう放送 「英雄」以前の山本五十六 海軍の“極秘文書”基に描く

12月30日放送のNHKの太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦ノ山本五十六」の一場面 (C)NHK
1 / 8
12月30日放送のNHKの太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦ノ山本五十六」の一場面 (C)NHK

 香取慎吾さん主演のNHKの太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦(ろんどん)ノ山本五十六」(総合)が12月30日午後10時から放送される。NHKの独自取材で入手した海軍極秘文書に基づく特集ドラマ。国民から「英雄」と呼ばれるようになる前、海軍組織の中でもがき続けた山本五十六の姿を描く。

 香取さんのNHKドラマ出演は、主演した大河ドラマ「新選組!」(2004年)以来17年ぶり。香取さんは、真珠湾攻撃の作戦を指揮した山本五十六提督を演じ、丸刈り姿を披露する。

 片岡愛之助さんが海軍兵学校で山本の同期で親友の堀悌吉、國村隼さんが山本の精神的な支えとなる駐英大使・松平恒雄、渡辺いっけいさんが軍縮反対派の海軍大臣・大角岑生、市原隼人さんが駐英武官の岡新、平岩紙さんが山本の妻礼子、景井ひなさんが山本家の女中・正木美子、伊武雅刀さんが軍縮反対派の軍令部次長・加藤隆義、山本學さんが前大蔵大臣・高橋是清を演じる。

 昭和9(1934)年、山本五十六は、米国など列強との軍縮交渉に臨むため英国・ロンドンへ。米国の絶大な国力を知り、戦争は避けるべきだと考える山本は、ぎりぎりまで交渉決裂回避の道を探り続ける。しかし、軍備拡大を目指す日本の海軍首脳部から、結論ありきの交渉を命じられ……。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る