相棒season20:右京&亘コンビ、最後の元日スペシャル「二人」今夜放送 飯島直子、イッセー尾形、片岡孝太郎出演

連続ドラマ「相棒season20」の元日スペシャル「二人」の一場面=テレビ朝日提供
1 / 8
連続ドラマ「相棒season20」の元日スペシャル「二人」の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマシリーズ「相棒season20」(テレビ朝日系)の元日スペシャル「二人」が1月1日午後9時から放送される。女優の飯島直子さんが特命係の冠城亘(反町隆史さん)の姉・冠城由梨(かぶらぎ・ゆり)役で出演するほか、イッセー尾形さんが「湊健雄」を名乗る記憶喪失の男性役で、歌舞伎俳優の片岡孝太郎さんが与党政調会長・袴田茂昭(はかまだ・しげあき)役で出演する。反町さんの今シーズン最終話での番組卒業が発表されているため、右京と亘の2人で謎に挑む最後の元日スペシャルとなる。

 年の瀬、特命係の杉下右京(水谷豊さん)は亘から「折り入って紹介したい人がいる」と言われる。てっきり婚約者に引き合わされると思って緊張していた右京だが、連れて行かれた教会で待っていた美しい女性は亘の姉・由梨だった。ピアノ教師として働きながら教会でボランティア活動をしているという由梨は、前夜、保護した記憶喪失の男性の身元を調べてほしいと2人に依頼する。

 男性は頭部にケガをしていて「湊健雄」と名乗ったものの、それ以外は覚えていない様子。泥だらけで座り込んでいるところを、通りかかった小学生の早瀬新(西山蓮都さん)と峰岸聡(川口和空さん)が発見したという。

 右京と亘は小学生2人から話を聞くが、何かを隠している様子を不審に思う。右京たちは湊の素性も調べ始めるが、その矢先、早瀬がある頼みごとを持ちかけた由梨のボランティア仲間が遺体となって発見される。

 複雑に絡み合う謎を特命係がひもといていくと、次第に事件を結ぶ黒い糸は与党政調会長・袴田へ。全てを暴くため、右京は危険な賭けに出て……。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」の右京が、その天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。アニバーサリーシーズンの今作で、右京と亘のコンビは7年目になった。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る