清水理沙:「デリシャスパーティ プリキュア」で芙羽ここね/キュアスパイシーに 「夢のよう」

「デリシャスパーティ プリキュア」に登場する芙羽ここね/キュアスパイシー(左)と声優を務める清水理沙さん(C)ABC-A・東映アニメーション
1 / 11
「デリシャスパーティ プリキュア」に登場する芙羽ここね/キュアスパイシー(左)と声優を務める清水理沙さん(C)ABC-A・東映アニメーション

 人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの第19弾「デリシャスパーティ プリキュア」で、清水理沙さんが芙羽ここね/キュアスパイシーを演じることが分かった。ここねは、クールビューティーでおしゃれな中学2年生。実家は高級レストランで、パンのエナジー妖精のパムパムに力を分けてもらいキュアスパイシーに変身する。キャッチコピーは「ふわふわサンドde(で)心にスパイス! キュアスパイシー! 分け合うおいしさ、焼きつけるわ!」。

 清水さんは「夢のようでした。事務所でマネジャーが合格を伝えてくれたのですが、本当にうれしかったです! ずっと憧れていたプリキュアになれるんだという気持ちと同時に、身の引き締まる思いがしました。先輩方がつないできた、伝統あるプリキュアシリーズ。しっかりと受け継ぎ、私が子どもの頃にいただいたトキメキや勇気を、今度はお届けできるよう精いっぱい努めたいです」と意気込んでいる。

 「プリキュア」シリーズへの思いを「『ふたりはプリキュア』を見ていました。あの頃感じたわくわくは、今でも忘れられません。主題歌も大好きでよく歌っていました。プリキュアの可愛いカッコイイ姿は『すごいなぁ、私も頑張ろう!』と、熱い気持ちにさせてくれます。そして、諦めない心を教えてくれます。見ている人が、笑顔になって元気になる。それが魅力だと思います」とコメント。

 ここねの印象を「第一印象は、クールで大人っぽい子だなと思いました。気品があり、ツンとした印象も受けますが、思いやりにあふれた優しい心の持ち主です。ここねは物語を通して、大きく変化していくのではないかと感じています。仲間と出会い成長していく姿を、心の機微を、丁寧に大切に演じたいです。皆さまに楽しんでいただけますよう、全力で頑張ります!」と話している。

 「デリシャスパーティ プリキュア」のモチーフは「ごはん」で、テーマは「ありがとうの気持ち」「シェアする喜び」、キーワードは「ごはんは笑顔」となる。世界中のおいしい料理が集うステキな街・おいしーなタウンを舞台に、プリキュアがみんなの“おいしい笑顔”を守るために活躍する姿を描く。

 菱川花菜さんが和実ゆい/キュアプレシャス、井口裕香さんが華満らん/キュアヤムヤムをそれぞれ演じる。「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」などの深澤敏則さんがシリーズディレクターを務め、「ヒーリングっど プリキュア」などの平林佐和子さんがシリーズ構成、「精霊幻想記」などの油布京子さんがキャラクターデザインを担当する。2月6日午前8時半に放送。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る