注目ドラマ紹介:「ミステリと言う勿れ」菅田将暉が月9初主演 天然パーマの主人公に 人気マンガ原作の“会話劇ミステリー”

連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」第1話の場面写真(C)フジテレビ
1 / 10
連続ドラマ「ミステリと言う勿れ」第1話の場面写真(C)フジテレビ

 俳優の菅田将暉さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ミステリと言う勿(なか)れ」(月曜午後9時)が1月10日に始まる。初回は90分スペシャルで放送する。原作は田村由美さんの同名人気ミステリーマンガ(小学館)。社会で当たり前とされていることに疑問を持ち、膨大な知識を基に持論を展開していく主人公の活躍を、ミステリー×会話劇で描く。菅田さんは同枠ドラマ初主演。

 天然パーマがコンプレックスで、友達や彼女もなく、カレーを愛する大学生の主人公・久能整(くのう・ととのう)を菅田さんが演じる。ある日、身に覚えのない事件で容疑をかけられ、取り調べられるうちに、事件の裏に隠されたヒントや、刑事たちの悩みに気づいていく。

 整が巻き込まれる事件を追う大隣警察署の刑事で、仕事の鬼、刑事の鑑(かがみ)と呼ばれている警部補・薮鑑造を遠藤憲一さん、お調子者で署内のムードメーカー的存在の池本優人を尾上松也さん、冷静沈着で頭が切れる警部・青砥成昭を筒井道隆さんが演じ、整との出会いをきっかけに成長していく新人刑事・風呂光聖子を伊藤沙莉さんが務める。

 第1話は……整の暮らすアパートの部屋に、大家が大隣警察署の刑事・薮と池本を連れてやって来る。付近の公園で寒河江健(藤枝喜輝さん)の遺体が発見されたといい、薮は整に任意同行を求める。

 寒河江は整と高校の同窓で同じ大学に通っていた。死亡時刻近くに整と争う姿を見た人もいるという。しかし、薮たちの追及に、整は理路整然と無実を訴えていく。

 取り調べ3日目。薮は、寒河江を殺した果物ナイフから整の指紋が検出されたと伝え……。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る