ワールドトリガー:サードシーズン最終回が1月22日深夜放送へ

「ワールドトリガー」のサードシーズンの第14話「覚悟」の一場面(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
1 / 1
「ワールドトリガー」のサードシーズンの第14話「覚悟」の一場面(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

 葦原大介さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「ワールドトリガー」のサードシーズンの最終回となる第14話「覚悟」が、テレビ朝日系で1月22日深夜1時半から放送されることが分かった。第14話は15日深夜に放送予定だったが、鹿児島県奄美群島とトカラ列島に津波警報が発表されたことを受けて、放送を延期していた。

 「ワールドトリガー」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2013年2月に連載をスタートしたSFマンガ。“こちらの世界”を侵略しようと異次元からやって来る近界民(ネイバー)と防衛組織であるボーダーの戦いを描いている。現在は「ジャンプSQ.(スクエア)」(同)で連載中。

 テレビアニメのファーストシーズンが2014年10月~2016年4月に放送。セカンドシーズンが2021年1~4月に放送され、約4年半ぶりに“復活”したことも話題になった。

アニメ 最新記事