カムカムエヴリバディ:社長令嬢役で佐々木希が登場 「ジョーを見つめる目が不穏すぎる」「要注意人物」との予想も

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第54回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第54回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第54回が1月18日に放送。女優の佐々木希さんが、芸能事務所の社長令嬢・笹川奈々役で登場した。

 第54回は、関西一のトランぺッターを選ぶコンテスト当日。るい(深津さん)が応援のために出かける準備をしていると、錠一郎(オダギリジョーさん)がクリーニング店に慌てて駆け込んでくる。見ると、ステージ衣装にケチャップがべっとり。るいが「他の衣装を着て」と提案するが、錠一郎は「るいが選んでくれた衣装で出る」と言って聞かない。るいは、なんとか錠一郎の出番に間に合わせようと、急いでシャツを洗うが……。

 佐々木さんは。朝ドラ初出演で、東京の芸能事務所「ササプロ」社長・笹川光臣(佐川満男さん)の娘・笹川奈々を演じている。コンテストの審査に立ち会うため、大阪のジャズ喫茶「Night and Day」を訪れた。父からコンテストの本命を聞かされ、「でも関西での話でしょ? 東京でも通用するのかなあ」と疑問を投げかけていたが、錠一郎とトミー(早乙女太一さん)の演奏には目を輝かせ、熱心に耳を傾ける様子が描かれた。

 SNSでは「佐々木希の昭和令嬢ファッションパネェ」「佐々木希可愛すぎる」といった反響があったほか、今後の展開について「佐々木希の登場で引っかき回される展開しか想像できない」「うーん、どういう絡みになるのやら」「佐々木希のジョーを見つめる目が不穏すぎる」「要注意人物やな」と予想する声も多かった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画