永瀬廉:「真夜中乙女戦争」クライマックスシーン語る 主演映画のメーキング&インタビュー動画公開

映画「真夜中乙女戦争」のメーキングの一場面 (C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会
1 / 1
映画「真夜中乙女戦争」のメーキングの一場面 (C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが主演を務める映画「真夜中乙女戦争」(二宮健監督、1月21日公開)のメーキングとインタビュー動画が公開された。メーキングでは、二宮監督から指示を受ける様子や、髪を乱し、顔にあざをつくった永瀬さんが目を潤ませ、切ない表情で電話をする姿が収められている。

 無気力な日々を送る主人公“私”を演じる永瀬さんは、クライマックスシーンについて「“私”という人物が崩れていって、ようやく人間っぽくなるシーンなので、僕もそうですし、スタッフさんがほぼ総出でみんなで協力して。あそこのシーンの監督の『用意、スタート』の掛け声は一番気合が入っているなと。それに負けないようにというか、お互いミスできない状況のプレッシャーもあったので。でも、ある意味、それを感じずに“私”の気持ちのままやれたのは良かったなと思います」と語っている。

 映画は、10、20代から支持を受けるFさんの同名小説(KADOKAWA)が原作。つまらない日々を過ごす大学生の“私”(永瀬さん)は、人の心を一瞬で掌握する謎の男“黒服”(柄本佑さん)と出会い、生活が一変。2人は廃虚に造った映画館でたわいのないいたずらを繰り返していたが、徐々に激しさを増し、すべての退屈を破壊する「真夜中乙女戦争=東京破壊計画」に着手する……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画