横浜流星:「嘘喰い」斑目貘役の銀髪、染めたのは「一つの“覚悟”」 原作者・迫稔雄へのリスペクト込め

映画「嘘喰い」のジャパンプレミアに出席した横浜流星さん
1 / 17
映画「嘘喰い」のジャパンプレミアに出席した横浜流星さん

 俳優の横浜流星さんが1月19日、東京都内で行われた主演映画「嘘喰い(うそぐい)」(中田秀夫監督)のジャパンプレミアに出席。映画で天才ギャンブラー・斑目貘を演じるにあたり、迫稔雄さんの原作マンガ通りの銀髪に染めたことは「一つの“覚悟”」だったことを明かした。

 横浜さんは「(原作の)迫稔雄先生が生み出した大事な原作をリスペクトしつつも、僕らがやるからにはそれ(原作)を超えなければならないので、責任をすごく感じていて。トレードマークである銀髪をどうしようかという話になったときに、カツラという案もあったんです。でも、実際に銀髪に染めることで、まず一つの“覚悟”を持つことから始めました」と語った。

 この日は、共演の佐野勇斗さん、白石麻衣さん、本郷奏多さん、櫻井海音さん、村上弘明さん、三浦翔平さん、中田秀夫監督も出席した。

 映画は、2006~17年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された迫稔雄さんの人気マンガが原作。通称「嘘喰い」と呼ばれる正体不明の天才ギャンブラー・貘が、日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう)の頂点を目指し、巨額の金と命を懸けたギャンブル、ゲームに興じる姿を描く。

写真を見る全 17 枚

映画 最新記事