赤楚衛二&坂口健太郎:主演WOWOWドラマ「ヒル」が3月4日スタート ポスタービジュアルも公開

「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」のポスタービジュアル=WOWOW提供
1 / 1
「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」のポスタービジュアル=WOWOW提供

 俳優の赤楚衛二さんと坂口健太郎さんが主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」が3月4日午後11時から放送されることが1月22日、明らかになった。併せて公開されたポスタービジュアルでは、赤楚さんを「復讐(ふくしゅう)にとらわれた男」、坂口さんを「復讐に生きる男」とそれぞれ紹介。2人を取り巻くメインキャストの吉川愛さん、飯豊まりえさん、栁俊太郎さん、板垣瑞生さん、佐久間由衣さん、板尾創路さん、小西真奈美さんの顔写真も並んでいる。

 「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」は、今井大輔さんのマンガ「ヒル」「ヒル・ツー」(新潮社)が原作で、他人に寄生する不法滞在者“ヒル”の運命と格差社会の闇を描く社会派復讐サスペンス。ドラマは2シーズン(各6話)で構成され、シーズン1の主演を赤楚さん、シーズン2の主演を坂口さんが務める。

 赤楚さんは、ヒルになりすましをされ、殺人未遂罪で警察に追われるユウキを演じる。逃亡中に知り合った仲間とともに、ヒルから自分の身分を取り返そうと奮闘する。坂口さんは、ユウキになりすました男に、ヒルとしての生き方を教えた伝説のヒル・カラを演じる。“ヒル狩りのカラ”の異名を持ち、おきてを破る者を罰する。過去に仮面をつけた男に母親的存在のヒルを殺され、その男への復讐を心に誓って生きているという役どころだ。

 第1話では、21歳の四宮勇気(赤楚さん)が夜勤のアルバイトから帰宅すると、部屋には腹部をナイフで刺された見知らぬ男(栁さん)が座り込んでいた。搬送先で目を覚ました男は刑事に“四宮勇気”だと名乗り、ユウキを指さしながら「この人が自分を刺した」と供述。その場から逃げ出したユウキは一瞬にして逃亡犯に。そんなとき、目の前にゾーカ(吉川さん)という謎の女が現れ、父を殺したある人物への復讐を手伝ってほしいと頼まれる。ゾーカはヒルで、2人はやがてカラ(坂口さん)と出会う。カラもまた、復讐のためだけに日々を抜け殻のように生きるヒルだった……という内容。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画