真犯人フラグ:篤人が“爆弾発言”! バタコを見て発した一言に驚がく「どういうこと?」「謎が増えた」(ネタバレあり)

ドラマ「真犯人フラグ」第13話の一場面=日本テレビ提供
1 / 4
ドラマ「真犯人フラグ」第13話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第13話が1月23日に放送された。篤人(小林優仁さん)がバタコ(香里奈さん)の写真を見てつぶやいた一言に、視聴者の間で衝撃が走った。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 2019年放送のドラマ「あなたの番です」(同局系)の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公・相良凌介(西島さん)の闘いを描く。

 第13話では、刑事の阿久津(渋川清彦さん)と落合(吉田健悟さん)が、謎の団体「かがやきの世界」を訪れる。阿久津は、“教祖”(相築あきこさん)にバタコの写真を見せる。“教祖”の反応がひっかかる阿久津は、篤斗から話を聞くことに。阿久津がバタコの写真を見せると、篤人は「お母さん」と口にする……という展開だった。

 SNSでは「洗脳された?」「篤人くんの爆弾発言再び」「お母さんと呼ばされてた?」「バタコがお母さんさん?」「どういうこと?」「ますます分からない」「今回も謎が増えた」「真帆には『ママ』、バタコには『お母さん』。これは洗脳説」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事