木村昴:「声優としての“武器”は全て家に」 初大河「鎌倉殿の13人」の“挑戦”振り返る 今後に「大いに生かせる」と手応え

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で以仁王を演じた木村昴さん (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で以仁王を演じた木村昴さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第3回「挙兵は慎重に」が1月23日に放送され、アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)のジャイアン役などで知られる人気声優の木村昴さんが、以仁王(もちひとおう)役で登場。大河デビューを果たした。

 木村さんは、ドラマの公式ツイッターで展開中の音声コンテンツ「かまコメ」に登場。以仁王役について「声優として培ってきた、いうなれば“武器”みたいなものは、今回は全て家に置いてまいりまして、今までに挑戦したことのないことに、100%挑戦してみるというような心持ちだったと思います」と振り返った。

 また「せりふなきシーンで、どうすればこの心情みたいなものが、心の動きみたいなものが見えるかというのは、今回やってみて大変でしたけれども、勉強になったところでした」としみじみと明かし、「今後の声優業にも大いに生かせるかと思いますし、今後どんな役がきても、恐れることなく、果敢に挑戦することができるようになったかと思います」と手応えをのぞかせた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事