ドクターホワイト:「コード・ブルー」が突如登場 “佐久間””高橋文哉の理想は“藍沢先生”

連続ドラマ「ドクターホワイト」第2話の場面写真=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「ドクターホワイト」第2話の場面写真=カンテレ提供

 女優の浜辺美波さん主演の連続ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第2話が1月24日に放送。若手研修医の佐久間新平(高橋文哉さん)が、ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の医師・藍沢(山下智久さん)を理想としていることが語られ、視聴者の注目を集めた。

 第2話では、白夜の正体が謎に包まれる中、巌(石坂浩二さん)は病院内の各科から精鋭を集め、診断に特化した総合診断協議チーム「CDT」を設立する。高い診断能力を買われた白夜もチームの一員に選ばれ、将貴(柄本佑さん)は白夜のサポート役に任命される。だが、メンバーに名乗りを上げたのは精神科医の西島耕助(片桐仁さん)のみ。人員不足に悩む麻里亜(瀧本美織さん)に、西島は少しクセのある皮膚科医の夏樹(勝地涼さん)をスカウトすることを提案する……という展開だった。

 夏樹とともに合コンに向かった佐久間は、女性陣に「俺の理想はね、『コードブルー』の藍沢先生」と明かし、「俺は誰よりも早く、一番の名医になる」「医療の現場で奇跡は起こらない」と名言を連発。合コンを盛り上げていた。

 SNSでは「コードブルー藍沢先生出たー」「憧れが藍沢先生ってのにニヤついてしまった」「ドクターホワイトでまさかのコードブルーが話題に上がるとは」「山Pじゃん!」と盛り上がりを見せていた。

 ドラマは、「金田一少年の事件簿」などで知られる樹林伸さんの小説「ドクター・ホワイト」(角川文庫)シリーズが原作。医師ではないが、豊富な医療知識がある正体不明の女性・白夜(浜辺さん)が「総合診断協議チーム」(通称CDT)に加入し、医師たちの診断を覆し、患者の命を救っていく医療ミステリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画