花澤香菜:昭和歌謡初挑戦に「どうして私なんだろう」 “逃げ出したい瞬間”も明かす

ドラマ「逃亡医F」に登場する昭和歌謡「すっからかん」を歌う花澤香菜さん=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「逃亡医F」に登場する昭和歌謡「すっからかん」を歌う花澤香菜さん=日本テレビ提供

 成田凌さん主演の連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系、土曜午後10時)第3話(1月29日放送)で、昭和歌謡「すっからかん」を歌う人気声優の花澤香菜さん。昭和歌謡に挑戦するのは初めてという花澤さんは、「どうして私なんだろうと思っていたのですが、佐藤(東弥)監督が私のことを元々アニメで知っていただいていて、それでお声がけいただいたと聞いてうれしかったです」と明かしている。

 ドラマは、伊月慶悟さん原作、佐藤マコトさん作画の同名マンガ(Jコミックステラス)を実写化。恋人殺害のぬれぎぬを着せられ、指名手配された天才脳外科医・藤木圭介(成田さん)が、逃亡の日々を送りながら、満足な道具も設備も無い中で人命を救うため奮闘する姿を描く。

 藤木が手術の際に昭和歌謡を聴くというルーティンが話題の本作だが、「すっからかん」は物語のキーになっている曲だという。花澤さんは「ドラマの劇中歌で昭和歌謡ってどういうことだろうと思っていたんですが、台本を読ませていただいたら、ちゃんと使いどころがハッキリしていて、『なるほど』と思いました」とコメント。

 ドラマのタイトルにちなんで、自身が「逃げ出したかったとき」について聞くと、「(声優の仕事で)『魔術師』と『術者』というのが、3行のせりふの中にいっぱい出てきたんです。もう『言えない!』ってなって、1回思考停止して(笑い)。心を落ち着けたのですが、やっぱりなかなか言えなくて。あのときはもう逃げ出したくなりました」と明かした。

 逆に「どんなに大変でも逃げ出したくないとき」については、「一日1万歩を目指して歩いているのですが、たまにスーパーで米とか牛乳を買っちゃうと、もう手がちぎれそうになるくらい痛いんです(笑い)。でもまだ歩数が足りてないなと思って、手を赤くしながら、『逃げない!』って思いながら帰っています」と話していた。

テレビ 最新記事