ファイトソング:清原果耶&間宮祥太朗がキス寸前! 夕日バックで「めっちゃ花男」 つくし&道明寺思い出す?

連続ドラマ「ファイトソング」第3話のワンシーン(C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「ファイトソング」第3話のワンシーン(C)TBS

 女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)第3話が1月25日に放送され、花枝(清原さん)と芦田(間宮祥太朗さん)がキスする寸前のシーンが描かれた。夕日をバックにした同シーンについて、2005年放送の連続ドラマ「花より男子(花男)」(同局系)で、井上真央さん演じるつくしと、松本潤さん演じる道明寺司のキスシーンを思い出す視聴者の反響がSNSに広がった。

 ドラマは、「ひよっこ」などを手がけた岡田惠和さん脚本のオリジナル作品。空手日本代表の夢に破れたヒロイン・花枝、落ちぶれた一発屋の変人ミュージシャン・芦田、ヒロインをいちずに思い続ける幼なじみ・慎吾(菊池風磨さん)の不器用な3人が繰り広げるヒューマンラブコメディーだ。

 第3話では、花枝と芦田は中華街でデートに出かける。夕方。芦田は「あのさ、俺もっと好きになりたい。もっと君のことを知りたい。もっと恋したい。もっともっと恋を知りたい……。いいかな?」と花枝に伝え、向き合う二人。夕日をバックに、芦田が花枝にキスをするように顔を近付けて……というシーンで幕を閉じた。

 「花男」では飛行場でつくしと道明寺が夕暮れ時にキスをするシーンが描かれたことから、SNSでは「花男の道明寺とつくしの飛行場での夕日バックでのキスを思い出す」「ファイトソングの最後めっちゃ花男だった」「あの夕焼けシーンは花男を思い出した」「ラストシーンはまさに花男」「花男と似てて感動したし、めっちゃうれしかった」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事