地球外少年少女:「電脳コイル」磯光雄監督の15年ぶり新作 誕生秘話 宇宙のアニメを「俺たちが作っちゃおうか!」

「地球外少年少女」の前編の初日舞台あいさつの様子(C)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会
1 / 1
「地球外少年少女」の前編の初日舞台あいさつの様子(C)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会

 アニメ「電脳コイル」などで知られる磯光雄監督の新作オリジナルアニメ「地球外少年少女」の前編の初日舞台あいさつが1月28日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催された。同作は、2007年に放送された「電脳コイル」以来、約15年ぶりの監督作で、テーマは「宇宙」。磯監督は、誕生秘話を「日本では、宇宙戦艦とか機動戦士とかしかなくて、全然、宇宙ものがない。俺たちが作っちゃおうか!となった」と明かした。

 「最初に誕生したキャラ」は、月で生まれた子供で地球嫌いの“厨二(ちゅうに)病ハッカー”の主人公・相模登矢といい、「ちょっと暗い顔をしていて、いろいろな人から難しいよ!と言われました。モデルは私です。そんなに俺、難しいかな?」と話した。

 舞台あいさつには、相模登矢役の藤原夏海さん、七瀬・B(Bはキリル文字)・心葉役の和氣あず未さん、筑波大洋役の小野賢章さん、美笹美衣奈役の赤崎千夏さんも登壇した。
 「地球外少年少女」は、AIの発達により、誰もが宇宙空間へ行けるようになった2045年を舞台に、月生まれの子供たちと地球から宇宙旅行にやってきた子供たちが、日本製宇宙ステーション・あんしんで出会うことになる。全6話構成で、前編(第1~3話)が1月28日、後編(第4~6話)が2月11日にそれぞれ2週間限定で劇場上映される。Netflixでも1月28日から配信されている。

アニメ 最新記事