小芝風花:「リング」シリーズ最新作主演で本格ホラー初挑戦 監督は木村ひさしで「歴代とまた一味違った貞子を」

2022年秋公開の映画「貞子DX」で主演を務める小芝風花さん(右) (C)2022「貞子DX」製作委員会
1 / 1
2022年秋公開の映画「貞子DX」で主演を務める小芝風花さん(右) (C)2022「貞子DX」製作委員会

 女優の小芝風花さんが、今秋公開される映画「貞子DX」で主演を務めることが2月16日、明らかになった。本作はホラー映画「リング」シリーズの最新作で、小芝さんは本格ホラー作品に初挑戦となる。映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」などの木村ひさしさんが監督を務め、ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」、映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」などの高橋悠也さんが脚本を担当。撮影は既に終了しているという。

 小芝さんは、IQ200の天才女子大生で、シリーズおなじみの怨霊(おんりょう)・貞子の呪いを解明しようと奔走する一条文華を演じる。「今作は、木村監督×貞子ということで、歴代の貞子シリーズとは、また一味違った貞子を楽しんでいただけると思います。撮影は終えたものの、どういった仕上がりになっているのか想像がつかないので、私自身もとても楽しみです。まだ公開まで時間はありますが、劇場で皆さんにお届けできる日を楽しみにしております」と語っている。

 木村監督は「この新作『貞子』の監督のお話をいただいた時、初めに口を出た言葉は『え?俺が貞子撮るの?』でした。撮影が終わり編集作業が進んだ今、思うことは『まさにジェットコースタームービーとはこの作品か』」とコメント。

 主演の小芝さんについては「お会いする半年ほど前に他の編集室に張られたドラマのポスターを見て、良いオーラを感じる方だと思っていたので仕事をするのが楽しみでした。本作でもそれを感じていただけると思います」といい、「最後にまだ公開まで間がありますが、劇場で、ご覧になられる皆さんが貞子の呪いから逃げられるように切に願っています」と話している。

アニメ 最新記事