DCU:第5話 “瀬能”横浜流星、“学生時代の先輩”藤井流星と再会 DCU、極秘捜査へ

俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第5話のワンシーン(C)TBS
1 / 8
俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第5話がTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で2月20日に放送される。

 新名(阿部さん)が隊長復帰。瀬能(横浜流星さん)は15年前の事件を再調査していた。そんな中、国土交通省副大臣の長男・木下裕司(三浦りょう太さん)が海上で行方不明になり、DCUに捜索命令が出される。

 裕司のものとみられるゴムボートが発見されるが、彼の姿はなかった。瀬能は、聞き込みで立ち寄ったサーフショップで、学生時代の先輩・中林(藤井流星さん)と再会。瀬能はこの店のオーナーだという中林との再会を喜ぶが、顧客名簿提出を求められた際、中林が何か細工をしたのを新名は見逃さなかった。

 裕司は誘拐されたとの情報が入る。副大臣秘書の日村(柳俊太郎さん)によれば、2億円の身代金を要求されていて、裕司は危険ドラッグに手を出していたという。誘拐も危険ドラッグもマスコミに知られるわけにはいかず、DCUは極秘捜査に乗り出すが……。

 「DCU」は、TBSが海外の大手制作会社ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作。水中での事件・事故の捜査に特化した架空組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描く。阿部さん演じるDCU隊長の新名正義が、横浜さん演じる瀬能陽生ら個性豊かなメンバーと水中のさまざまな難事件を解き、裏に潜む悪に立ち向かっていく。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る