ケイ×ヤク―あぶない相棒―:“獅郎”犬飼貴丈の突然のハグに「神回」「キュンときた」と反響

「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが主演を務める連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の第7話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 1
「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが主演を務める連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の第7話のワンシーン=読売テレビ提供

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演で、犬飼貴丈さんも出演する連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第7話が、2月24日に放送された。犬飼さん演じる獅郎(しろう)が、鈴木さん演じる一狼(いちろう)に突然ハグをする場面があり、視聴者からは「神回すぎ」「獅郎と一狼のハグは胸がいっぱいになった」「ケイヤクすごすぎた……放心状態」といった声が続々と上がった。

 第7話では、一狼と獅郎が、20年前のビル爆破事件で逮捕された野々村(眞島秀和さん)を犯人に仕立て上げた黒幕を追うことに。獅郎は、中村(松本利夫さん)から、爆破事件の犯人として自首するよう、野々村に取引を持ちかけた人物が、当時の峰上組若頭“山田”であったと聞き出す。

 終盤では、千夏(萩原みのりさん)が狙われていることを知った獅郎が、一狼に連絡することなく、山田(平田満さん)の元へ行き真相を知りたいと問いかける。そんな中、獅郎の元へ、一狼が助けに来る展開だった。

 「もう二度とあんな危険なマネはするな」と声をかける一狼に、「来てくれてありがとう」と言って、ハグをした獅郎。「こんなこと早く終わらせたいなぁ。早く終わらせて、一日でも早くみんなが心から笑える日が来てほしい……」と話す様子が映し出された。

 SNS上では、「ケイヤク7話、泣いた」「急なハグにきゅんときてしまった。しろ~くん可愛い」「獅郎君美しいしカッコいいし、可愛いし切ないし、最高ぉ」「犬飼君まじで天才すぎる」「7話最高だった……早く円盤がほしい」「獅郎さんはケイヤクのヒロイン……」などの感想が書き込まれた。

 また、「ケイヤクの演出が秀逸すぎます」「今期はケイヤクがぶっちぎってる」「ケイヤクどんどん面白くなる。今期のドラマで1番はまっているドラマ」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画