機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:古谷徹「劇場で15歳のアムロを演じるのは最後かもしれない」 未熟で純粋なアムロがスクリーンに

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」のイベントに登場した(左から)安彦良和監督、古谷徹さん、武内駿輔さん
1 / 1
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」のイベントに登場した(左から)安彦良和監督、古谷徹さん、武内駿輔さん

 アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」(6月3日公開)のイベントが3月9日、東京都内で開催され、アムロ・レイ役の古谷徹さん、ククルス・ドアン役の武内駿輔さん、安彦監督が登場した。古谷さんは、同作で15歳のアムロを演じることになり、「こんなにうれしいことはない!」と歓喜。「僕が劇場で15歳のアムロを演じるのはもしかしたら最後かもしれません」と思いを語った。

 古谷さんは「40年ぶりにRX-78-02 ガンダム、そして未熟な、純粋なアムロ・レイがスクリーンに帰ってきます。この映画で生き生きと動いているアムロを僕の声と共に皆さんの記憶にとどめておいてほしいと思います」と話した。続けて、同作の見どころを「ファーストガンダムをご覧になったことのある方は、この映画の中で随所に『あっ!』と思われるシーンやせりふが出てきますので、楽しみにしてほしいです。劇場に足を運んで、この『ククルス・ドアンの島』が何を皆さんに訴えているのか、ぜひ考えてほしいです」とメッセージを送った。

 「ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送された「機動戦士ガンダム」のテレビアニメ第15話のエピソードで、主人公のアムロ・レイが敵対するジオン軍の脱走兵ドアンとの交流を通じて、戦争の哀愁が描かれた。劇場版では第15話を改めて描く。

 イベントは3月9日の“ザクの日”を記念して開催された。

アニメ 最新記事