カムカムエヴリバディ:るいの「サニー・サイド」に視聴者感涙 「大号泣」「神回」の声

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第90回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第90回の一場面 (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第90回が3月9日に放送された。るい(深津さん)が傷心のひなた(川栄さん)に向けて、ジャズのスタンダードナンバー「On the Sunny Side of the Street(オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート)」を、口ずさむシーンがあり、「大号泣」「神回」と感動の声が集まった。

 「On the Sunny Side of the Street」は、1930年にブロードウエーの舞台用に作られた。今作では初代ヒロインの安子(上白石さん)が娘のるいに子守歌として歌っていた曲だ。

 第90回では、五十嵐(本郷奏多さん)との失恋で部屋に閉じこもって布団の上で泣いていたひなたを元気づけるため、るいが、「安子(上白石さん)が歌っていたサッチモ(ルイ・アームストロング)のアレンジ」でしっとりと英語で歌い上げた。

 この歌唱シーンにSNSでは「素晴らしい歌声」「安子の時代も思い出して大号泣」「ボロ泣きでしたぁ」と感涙したという声や、ひなたの名前の由来をるいが語るシーンも含めて、「サニーサイドで3世代つながった」「こういうのを神回って人は呼ぶのじゃないですか」などと盛り上がった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

アニメ 最新記事