明日の仮面ライダーリバイス:第26話「対決!決別!?闇と光の結末」 活発化するカゲロウ 常連客・伊良部が元太&幸実の過去語る

「仮面ライダーリバイス」の第26話「対決!決別!?闇と光の結末」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 3
「仮面ライダーリバイス」の第26話「対決!決別!?闇と光の結末」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第26話「対決!決別!?闇と光の結末」が3月13日に放送される。

 ライブ/大二(日向亘さん)の悪魔・カゲロウ(日向さんの一人二役)は、自身がギフの末裔(まつえい)であると知り、大二にとって変わろうと動き始める。心配するリバイ/一輝(前田拳太郎さん)に、大二は「自分の悪魔は自分でカタをつける」と毅然(きぜん)と言い放つ。

 父・元太(戸次重幸さん)と母・幸実(映美くららさん)は、元太がベイル(声・津田健次郎さん)に変身してから後、家に帰ってこない。「しあわせ湯」の常連客・伊良部(西郷豊さん)は、心配する一輝に「二人のことは俺に任せておけ」と話す。そして、自らの正体と、元太と幸実の過去について語り始める……。

 「仮面ライダーリバイス」は、仮面ライダーの生誕50周年記念作品。主人公・五十嵐一輝が大切な家族を守るため、内に宿る悪魔バイス(声・木村昴さん)と契約して仮面ライダーリバイに変身。悪魔バイスが変身する仮面ライダーバイスと共に、“一人で二人”のコンビの仮面ライダーリバイスとして、悪魔崇拝組織デッドマンズと戦う姿を描く。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る