ケイ×ヤク―あぶない相棒―:最終回 “一狼”鈴木伸之&“獅郎”犬飼貴丈、黒幕との最終決戦へ

「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演の連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」最終回の一場面=読売テレビ提供
1 / 6
「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演の連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」最終回の一場面=読売テレビ提供

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演で犬飼貴丈さんも出演する連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)最終第10話が3月17日に放送される。

 一狼(鈴木さん)は獅郎(犬飼さん)と共に、いつもの銭湯で田口(徳井義実さん)と落ち合い、逮捕された東高茂(矢柴俊博さん)のパソコンから不審なメールが見つかったと知らされる。差出人は山田(平田満さん)で、「匡(吉村界人さん)と幸子(中田クルミさん)をお預かりしました、お迎えは2日以内に」との内容。

 一狼は、東ではなく自分たち宛てのメッセージで、2日以内に助けに来なければ匡と幸子を殺すという意味と解釈。一狼と獅郎をおびき出して始末するため、山田が仕掛けたわならしい。

 一刻も早く匡と幸子の監禁場所を割り出さなくては、との思いから、獅郎は大須(板尾創路さん)に直接会いに行こうとするが、一狼は獅郎の身を案じて止める。

 林(三浦誠己さん)の凶弾で大けがをした莉音(栗山千明さん)は車椅子姿で退院。しばらく一狼と獅郎のマンションで暮らすことになり、命がけの任務を控えた一狼と獅郎を励ます。

 一狼と獅郎は、20年前のビル爆破事件の全容を明らかにするため、匡と幸子の監禁場所を特定し、奪還作戦に臨む。ついに黒幕との最終決戦へ……。

 原作は講談社の少女・女性向けマンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の薫原好江さんの同名マンガ。公安捜査官の国下一狼とヤクザの英獅郎が協力し合う関係を周囲に隠すため、2人で偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密裏に追ううち、巨大な陰謀に巻き込まれていく物語。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事