ルパン三世 PART6:第23話「愛しの魔女の記憶」 ルパンがついに“母”トモエと対峙!?

「ルパン三世 PART6」の第23話「愛しの魔女の記憶」の一場面 原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV
1 / 10
「ルパン三世 PART6」の第23話「愛しの魔女の記憶」の一場面 原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV

 人気アニメ「ルパン三世」の新作テレビアニメ「ルパン三世 PART6」の第23話「愛しの魔女の記憶」が、3月19日深夜に日本テレビ系で放送される。第23話では、ルパン三世が、“母親”と呼ぶ女性・トモエと対峙(たいじ)することになる。

 ルパン三世は、レヴォンランドで銭形警部と鉢合わせる。銭形は、自分がマティアを追ってここへ来たこと、アリアンナがマティアに襲われたことを語る。衝撃的な事実を受け入れられず、困惑するルパン。しかし、銭形が持っていたアリアンナのボイスレコーダーの録音を聞いた瞬間、ルパンの脳裏にいくつもの言葉が浮かぶ。それらはルパンを揺さぶる美しい思い出の断片だった。

 新作「PART6」は、ルパン三世をひもとく二つのキーワードがあり、第1クールは「ミステリー」、第2クールは「女」がキーワードになる。第2クールは、ルパン三世の前に魔性の女たちが次々と現れ、先の読めないサスペンスが展開する。女たちが抱える秘密とうそは、ルパン三世のとある謎へつながっていく。「ゾンビランドサガ」などの村越繁さんがシリーズ構成を務める。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事